カナダ・モントリオールで開催されている世界体操。予選で内村航平選手の足の怪我でまさかの棄権という事態に驚きましたが、もう1人個人総合に出ている白井健三選手が予選を4位で通過し、決勝では1つ順位を上げて銅メダルを獲得したそうです。2人の関係は少し年の離れた兄と弟のようで、内村選手が白井選手の実力を認めている発言をしていました。怪我で無念だったと思いますが、白井選手が穴埋めをしてくれて内村選手もホッとしたのではないでしょうか。白井選手のキラキラとした笑顔が見えて本当に良かったです。
また、女子でも村上茉愛選手が予選を1位で通過したという嬉しいニュースを見ました。日本選手権2連覇中、ショートカットで溌溂とした演技にこちらも元気をもらえるような選手です。彼女は以前体操ブームを巻き起こした池谷幸雄さんの教え子。しかも子役を経験していたそうで自分を魅せるという演技の面でも活かされているのかもしれません。決勝でも伸び伸びとした演技を期待しています。アリシアクリニック 全顔脱毛セット